コラーゲンの働き
コラーゲンは、生活のうえで、なくてはならない大切なタンパク質です。体内のタンパク質の3分の1がコラーゲンでできています。体の至る所に存在するコラーゲンは、その場所によって働きが異なります。しかし、どこの場所でも同じなのは、コラーゲンは健康維持のために不可欠な存在であるということです。

皮膚とコラーゲン
皮ふは、表皮、真皮、皮下脂肪から成り立っています。皮ふの本体は真皮で、この真皮の70%をコラーゲンが占めています。

骨とコラーゲン
肌だけでなく、関節にある軟骨にも、コラーゲンが多く含まれています。
コラーゲンの働き
ページトップヘ
コラーゲンの種類

健康維持のために必要不可欠なコラーゲン。最近は様々なコラーゲン商品が店頭に並んでいますが、このコラーゲンにも幾つかの種類があるのをご存知ですか?

従来、コラーゲンは牛や豚、鶏などの動物性コラーゲンが主流でした。しかし、狂牛病などの問題から、安全性に対する疑問が近年生じてきました。そうした中、動物性のような感染症の心配もなく、安全性が認められたのが、魚から抽出した魚由来のコラーゲンです。

コラーゲンの種類図
スカールコラーゲンとは?
魚由来のコラーゲンの中でも、骨、皮、ウロコによって特性が異なり、魚のウロコから抽出したコラーゲンをスカール(ウロコ)コラーゲンといいます。このスカールコラーゲンは、他のコラーゲンと比べて様々な良いところがあります。

消化、吸収しやすい
スカールコラーゲンは、ヒドロキシプロリンの含有量が少なく、変性温度も低いため、他のコラーゲンに比べてタンパク質が分解しやすく、極めて消化・吸収性に優れていることが明らかになっています。

*変性温度と人間の体温の比較*
スカール(ウロコ) アニマル フィッシュ(魚皮) 人の体温
8.5度 40.1度 30.3度 37度
※上記の温度より高くならないとコラーゲン繊維は分解できません。
臭いが少ない
動物性コラーゲンは、濃度を3%以上にすると独特の臭いを発しますが、スカールコラーゲンは10%程度の高い濃度にしても臭いが少ないため、消化・吸収性に優れた高濃度のコラーゲン水溶液を作ることができます。

脂肪分を含まない
牛や豚の皮や骨の原料では、カルシウムや脂肪分の除去が大変ですが、スカールコラーゲンは脂肪分を含まないため、ダイエットやコレステロールを気になさる方でも安心してご使用いただけます。

適合性
他の食材と一緒に飲んだり食べたりしても栄養源の効果はまったく変わりません。

安全性
コラーゲンは大量に飲んでも体内に蓄積することなく、窒素分解物として尿や汗となり排泄されます。

さらに……
精選された比較的硬い魚のウロコから作られるスカールコラーゲンには、コラーゲンの他にキチン・キトサン、グルコサミンが含まれています。
コラーゲンとアミノ多糖を含んだ複合体であるスカールコラーゲンは、抽出過程でこの両成分が反応して糖タンパク質を形成しています。
イメージ
ページトップヘ
 

 


戻る